業績アップのCRC経営者研修会

2020年02月19日

    昨日は、地域密着リフォーム店の経営者が集まる定期研修でした。

    経営指標の発表では、

    2020年1月の数字が、思わしくない社長さんへsdr

    みなさんのアドバイスが集中しました。

    ・今年1年、どんなストーリーで組み立てているのか?

    ・業績アップの会社の計画は、ウキウキ楽しいもの。

    ・目標のここまでいくと、こんな楽しいコトが待っている。

    ・お客さまの喜ぶ笑顔が見れる=自然からのご褒美

    ・計画づくりに励んでいる社長は、魅力的。

    ・計画の数字に意志、魂を込めてつくってほしい。

     同じ数字でも、天ぷら数字か、世のため人のための数字かまったく異なる。

    ・利益は、自然界(生成化育)からのご褒美、成長の証、企業の源泉

     与えていただいていることへの恩返しが数字としてあらわれる。

    ・やらないと、何が良いのか、改善ができず、成長につながらない。

    ・前向きにやっていくことが大事。

    コト売りワークでは、

    ・業績アップの会社は、買っての幸い、売っての幸せ。

     お客さんの喜び(買っての幸い)を優先するから、ご褒美(利益)が得られる。

    ・自社の強みは、経営理念達成のための最大の道具

     お客さん、社員さんを理念達成へ運ぶ道程(みちのり)

    ・通信やチラシに載せるときに、自分が体験したことでどう思ったのか!?

     を書いた方が良い。そうすることで、共鳴、反応してくれる。

    ・施工事例には、お客さまへどんな想いを持って工事をしたのかを書く

    ・チラシをつくるときは、

     自分たちは、誰に、何ができるのか? どうやったらできるのか?

     を整理し、

     だれに? 何を売りたいのか? 

     そのお客さんにどうなってほしいのか?

     を明確にして、チラシ作成したほうが良い

    など意見交換、アドバイスがありました。

    次回の課題は、

    ・あきない世傳 金と銀(八) 瀑布篇51bj551nrZL._SX350_BO1,204,203,200_

    ・ぼくらはお金で何を買っているのか。
    ~モノが高く売れない時代のコトマーケティング全戦略517L6IUxClL._SX339_BO1,204,203,200_
    ダイキンさま、地域密着リフォーム工務店のみなさま ありがとうございました。